スポンサーサイト
2010.06.11 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
告白
2010.06.07 Monday 12:54

告白 原作 湊かなえ「告白」(双葉社刊) 監督・脚本 中島哲也 キャスト 松たか子 岡田将生 木村佳乃ほか スタッフ 主題歌:Radiohead「Last Flowers」
原作も読んでないけど、さっそく見てきました。 
 おもしろかったです。 救いがないとか、恐すぎとか、いろんな方が言ってるようですが 

告白・独白で進めていく展開や、最初の30分にクライマックスを持ってきてるところ、
 中島監督の映像表現(松子もパコも見てないので)とか、
いろいろ初めてお目にかかる ことが多かった映画だったこともあっての面白さだった。

 木村佳乃、美月役の子がよかったですね。

 松さんの怖演?もよかったし、他に誰が出来るんだろうと。

 S向けの映画だとどこかに書いてあったけど、
 Mの人には松さんの「馬鹿ですか?」を聞く為だけに1800円払ってもいいんじゃないかと
 思うくらいの、良いセリフ。

 ラストのセリフは(原作にはなかったようですが)まぁいろいろ取れるんですが 
私的には、「更正がこれから始まるのです」に対する セリフと素直に思ったけど 
爆発そのものに係るようには、感じなかったのは ちょっとなんかが麻痺してるのかなと
 しばし自問、、


 断片的な感想になりました。 全体のテーマとか、細かい難癖とかいろいろあるけど、
収まりきらないので 酒が入った時にでも。
| ぼよ | movie | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
白洲次郎
2009.09.21 Monday 11:25

 NHKドラマスペシャル・白洲次郎(全3回)

9/21,22,23の3夜連続放送。

原田芳雄さんの都合にて、最終回の3回目のみのびのびに、、
ようやく完結です。

人物はwikiって貰えればわかるように、こんな日本人もいるんだと
思わせる、気骨のある人物。
更にキャスト、イギリスロケ、、このクオリティは民放にはマネ出来ない。

挿入曲の「しゃれこうべと大砲」もいいです。
【ニコニコ動画】浜田真理子 - しゃれこうべと大砲


ちなみに武相荘(東京都町田市にある白洲次郎・正子夫妻の旧邸宅。)はこちら。




大きな地図で見る
| ぼよ | movie | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
2009.06.29 Monday 22:25
 ガンダムに続いて2次元ネタで、、

ほぼ新作ってことで今作は見に行こうと思ってたんで
山形の敗戦を見た後に映画館へ行ってきた。

前から4列目しかなかったので、ちょっと首が痛くなって、、

よく出来てました。映像の美しさと緻密さ、、

で、エヴァがとにかく動く動く。
これまで(TVシリーズ、映画)は、そんなに動かないというか
覚醒してブチキレた時とかにしか躍動感を感じなかった。
(あ、2号機とのユニゾンがあった)

登場人物とエヴァ自体が、両方ともモッサリ感があって
そこに謎が散在してるところが、雰囲気作ってたと思うんだが
今回は登場人物もハッキリしてて、同じようにエヴァもキリっとしてる
感じ。。

去年と今年の平山の違い、、わかりにくいね。

とにかく、見て損は無かったです。

冗談で思ってたけど、結局4部作との噂なので
完結まであと10年くらいかかるのかも、、、
| ぼよ | movie | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
誰も守ってくれない
2009.01.25 Sunday 14:33
誰も守ってくれない
cast
 佐藤浩市、志田未来、松田龍平、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、木村佳乃
story
 ごく平凡な4人家族の船村一家の未成年の長男がある日突然、
 小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕された。
 東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は突如、その容疑者家族の保護を命じられる。
 勝浦は、容疑者の妹・沙織(志田未来)を連れて逃避行に出るが、
 マスコミの容赦ない攻撃とネット上の掲示板の悪質な書き込みが
 2人を追い詰めていく…。


朝、変な時間に起きて、録画してあったテレビドラマ「誰も守れない」を見た。
で、勢いそのまま映画館に。見事フジテレビにのせられた訳ですが、、

テレビ局制作の限界か、「誹謗中傷はネットが最悪」が全面に
出てしまって、既存メデイアの問題はあまり語られなかった。
主題は、被害者、加害者それぞれの失った家族に対する視点と未来って感じとは
思うんだが、追い詰めるのがネットってのがねぇ、、
おめーらのやってるのはこういうことだと、
ネットジャンキーの方々に突きつけたかったのかもしれない。
大人たち(もち自分も含めて)が、ちょっとマズイんじゃねーか今の情報社会って
思いが見える。でも2ch住人はオトナが多いんだけどね。

ハンディカメラ使ってドキュメンタリー風に作ってあるけど、
中途半端な印象があった。役者のアップが多すぎなのはテレビ出身だからなのかは
わからんけど、有名なタレントさんをズラリ揃えた時点で誰もドキュメントとしては
見ないんで、せめて引きの映像で訴えかけるような構成に出来なかったのかなとも
思った。

ちょっと物足りず、骨太のドキュメンタリーを見たくなった。

あ、テレビ版、映画ともに松田龍平がいい味出してます。
(似たような役ばかりだけど)



| ぼよ | movie | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
K-20 怪人二十面相・伝
2009.01.25 Sunday 13:52
K-20 怪人二十面相・伝
【ストーリー】
二十の顔を持つ、正体不明の大怪盗 ――怪人二十面相
舞台は、1949年―架空都市≪帝都≫。
富裕層のみをターゲットとし、次々と美術品や骨董品を、
魔法のような手口で盗んでしまう≪怪人二十面相≫の出現が
世間を騒がせていた。人は彼を“K−20”と呼ぶ―。

【CAST】
金城武 松たか子・仲村トオル
國村隼 高島礼子 本郷奏多 今井悠貴 益岡徹 鹿賀丈史
齋藤歩 木野花 要潤 串田和美 嶋田久作 小日向文世 大滝秀治 松重豊

【STAFF】
原作/北村想「怪人二十面相・伝」(小学館 刊)
監督・脚本/佐藤嗣麻子 
音楽/佐藤直紀


意外に楽しめたです。
時代背景が戦争がなかった東京。財閥の繁栄とスラム。
K-20はそんな歪みが大きくなった時代に生まれた設定です。
3役者(金城、仲村、松)は、安心して見てられました。
金城さんはリターナー以来(古い)、まともに見ましたが
この役には適役。松さんもいい感じでお嬢様を演じてました。
時代の雰囲気と怪人のアクション、バランスがよい娯楽作品です。
ストーリー、役者、脇役(ギミック)、雰囲気の順に重きをおいて
見てますが、これはあまり深く考えずに見れました。
てのは、まぁ良い作品ってことかな、と。


| ぼよ | movie | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
グーグーだって猫である
2008.10.07 Tuesday 02:45
 グーグーだって猫である

小泉今日子
上野樹里 加瀬亮
大島美幸 村上知子 黒沢かずこ(森三中) / 林 直次郎(平川地一丁目)

脚本・監督:犬童一心
原作:大島弓子「グーグーだって猫である」角川書店刊
音楽:細野晴臣




最近、やさぐれてる感じもあって、ゆるい映画を観てきました。
自分にとっては 「小泉今日子」は空中庭園以来、「
上野樹里」は虹の女神以来のスクリーンで見ることに。


| ぼよ | movie | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
闇の子供たち
2008.09.22 Monday 19:34
連休だからといって見る映画じゃなかった。


監督:阪本順治
出演:江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市
「タイ在住の新聞記者の南部は、日本の子供の腎臓移植の実情を調べ始めた。するとタイの子供の臓器が生きたまま摘出されるという情報を掴みフリーカメラマンの与田を連れ更に突っ込んだ取材を開始する。
一方NGO職員の音羽はボランティア先の子供が売春を強要され閉じ込められていることを知り何とかしたいと動き回る。現実とは思えないような闇の姿が見えてくる」

重い、、よく映画化したなぁ。
臓器移植うんぬんの情報しかなく映画館にはいりましたが、メインは幼児売春。
売る者、買う者、そして子供たち。目を背けたくなるシーンの連続で、へこみます。
全体としてはドキュメンタリー風でフィクションの味付けは中途半端な印象が残りました。
細かいツッコミところは満載なのですが、それ以上に悲惨な状況がスクリーンにある為、
脳内ツコッミは機能停止してしまうのです。が、見終わった後で、あれ?って感じ。
でも、救いのないラストといい、衝撃的な作品であることに間違いはないです。

キャストについて少々。
宮崎あおいはOKです。というのも、役柄としては自分探し的にNGOで活動する
人権派という自分とは絶対友達にはならないタイプですが、宮崎の一生懸命な演技が
ちょっと痛い感じで、ずれてる感じが出てました。これも演出としたらスゴイ。
計算ずくの演技なら、なおさらすごい。
が、が、他がダメでした。江口も妻武器もなんでキャスティングしたのか。
ラストのサザンの主題歌も、意味不明。

いろいろあるにしても、考えさせられる映画に違いなく、
おそらく地上波では放送しないだろうから、今のうちに見ておくことをお勧めします。


| ぼよ | movie | comments(2) | - | pookmark |
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
2008.09.13 Saturday 01:22
 なぜか今頃みた。
やっぱり一気に見てしまいたかったです。
ほぼTVシリーズの焼き直しというか再編。壮大な予告編と聞いていたとおりです。
映像も洗練されて楽しめました。

シンジくんがちょっと変わってたような。ちょっと弱弱しさが薄いイメージ。
カヲルがいきなり出てたり、ゼーレのロゴは前の方が良かったとか
細かいところはいろいろ話したくなる、以前と変わらない怪しい雰囲気もってた。

そして予告編。

この映画の見所はココでした。
前作と全く異なる展開を匂わせ、新キャラも最後にチラリ。

パ業界に魂を売ってまで、今作の資金を集めたと私は思ってますが
(アンノ監督の不発の穴埋めかも)、次回作に期待でゲス。

で、次回作は、、今年やらないのかよ。



| ぼよ | movie | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
相棒−劇場版−
2008.05.06 Tuesday 23:36
副題
 絶体絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン
新宿で見てきました。満員でした。

副題のマラソンは、ちょっと余計だったかなー
チェスとの絡みは必要だったのか曖昧だったし。。。
(元首相がチェス好きとマラソンコースとのリンクが?)
前半からの流れで一人一人殺されるコトをもう少し深くやってもよかった。
映画だから規模を大きくしたいのもわかるけど。

でも全体的に面白く見れました。
右京さんのテンション上がりっぱなしの後半はゾクゾクしました。

岸谷さんとか柏原くんとかをチョイ役で使う贅沢さも、アリ。
テーマもよかった。

この映画は都度、続編をやって欲しい。もっと謎解き多めで。
| ぼよ | movie | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サッドヴァケイション
2008.04.21 Monday 23:53
オダギリジョー,石田えり,宮崎あおい,中村嘉葎雄,浅野忠信,板谷由夏,青山真治
たまには映画。
なんとなく借りて見た。

正直、最初の1時間くらいは、かったるいなぁって。
でも後半の運送屋の話から引き込まれました。
予備知識がまるでない状態で見たので宮崎あおいの意味とか
よくわからない設定もあったりでしたが、
石田えりの演技というか、役どころは、なんつーか。。。
うまく、説明出来ないんですが、いい映画と思ってしまった。
ラストはちょっと不覚をとったし(泣けた訳でなく)。
うーん、これは女性の為の映画なのか、女性を解らせる映画なのか。
なんだろな...
で、netでレビューを読むと、前作ユリイカとつながってたらしく。
ユリイカは3h34mは長いので、ほんと暇な時に見てみようかな。
| ぼよ | movie | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/4 pages next→
Recent Comment
Links
Latest Entry
Search
Profile
Admin
Category
Archive
monte
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
yncup

ジオターゲティング
movie
schedule
clip
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM